おまとめローン&低金利ローンを探そう!

CONTENTS

おまとめローン

低金利ローン・銀行系ローン

審査が気になる方にお勧め

来店不要!

ビジネスローン

パート・バイトでも借りれる

スピーディな審査

お試し審査あり

大手消費者金融から選ぶ

土日祝日 即日融資可能!


キャッシングの基礎知識



おまとめローンの知識



サイト情報


FAQ(よくある質問と回答)

Q1.消費者金融・オンラインキャッシングってなに?
消費者金融とは、本人確認等の審査のみで申込者のの信用に応じて、無担保かつスピーディな貸付を行う金融業者です。手軽な申込手続きが特徴で、カードの発行手数料や年会費なども一切無料です。 また、オンラインキャッシングはそのサービスの申込、借入、残高照会に至るまでインターネット、携帯電話等を利用して行えるものを指します。


Q2.申込をするときに必要な物は?
本人証明とし「運転免許証」または「健康保険証」の表・裏のコピーが必要となり、インターネット、オンラインでの申込の後、コピーを郵送します。なお、50万円を超える借入を希望の場合には、収入の確認できる書類のコピー(源泉徴収票、給与明細書、納税証明書等)も必要となる場合もあります。


Q3.勤務先の確認って?
在籍確認は、個人名での電話確認が行われます。会社名などを名乗る事は一切ありません。

Q4.誰でも借りれるの?
20歳以上で毎月、定期的な収入があれば利用可能です。


Q5.他社で利用してますが大丈夫?
申込は可能です。借換えを目的としたプランを用意しているところもあります。


Q6.担保や保証人は必要なの?
不動産ローンなどの目的別のプランには必要な場合もありますが、一般的なキャッシング、フリーローンには必要ありません。


Q7.借入方法は?
借入の方法は以下の2種類です。
申込先の業者の店頭ATM
申込先業者以外の提携ATM・CD(銀行ATMやコンビニATM・CD)
指定口座への振込


Q8.いくらまで借りれるの?
キャッシングで借りることのできるお金(限度額)は、無担保の場合50万円以下というのが一般的です。
とはいっても、初めて利用する場合、誰でも50万円までならOKというわけではありません。申し込み時に行われる審査によって、20万円までだったり、30万円までだったりと、その人によって前後してしまいます。そして、この基準は各業者の判断となります。ですから、A社では限度額20万円だったけど、B社では30万円だったということもあります。こればっかりは実際に申し込みをしてみないとわかりません。


Q9.返済が遅れてしまう場合は、どのようにしたらいいの?
まずは、契約先の業者に電話で相談しましょう。


Q10.「信用情報機関」って何?
信用情報機関(個人信用情報機関)とは、消費者の個人信用情報(契約内容、返済状況など)を収集・蓄積し、企業からの照会に対して、この情報を提供する機関です。消費者金融、銀行、信販などの各業態で個人信用情報機関は設立されています。消費者がクレジットやローンを利用するとき、企業は過剰融資を防止する判断材料のひとつとして、この個人信用情報を利用しています。各個人信用情報機関では、消費者からの求めがあれば、本人の情報を開示していますから、消費者は、自分の情報がどのように登録されているかを確認することができます。開示された情報について、本人が訂正・削除の申し立てをすると調査がおこなわれ、登録内容が間違っている場合には、訂正・削除されます。


Q11.返済方法は?
キャッシング各社によって多少異なりますが基本的に以下の種類が一般的です。 店頭窓口
店頭ATM
提携先ATM・CD
指定口座への銀行振込
自動振替・口座振替


Q12.貸金業登録番号ってなに?
貸金業を営業する為には、財務大臣(委任により財務(支)局長)または都道府県知事への登録が必要です(貸金業規制法第3条)。営業所などを2つ以上の都道府県に設置するときは財務大臣に、1つの都道府県のみで営業する場合は都道府県知事に登録をします。登録の申請が認められると登録番号が通知されます。
また、この登録は3年毎に更新しなければなりません。貸金業登録番号のカッコ内の数字は初年度「1」から始まり更新ごとに数字が増えなす。たとえば「関東財務局長(1)第00000号」という登録番号の場合、この業者は登録後3年以内であることを示しています。

おまとめローン&低金利ローンを探そう!のホームへ

姉妹サイトのご紹介




当サイトはYAHOO!JAPANに
カテゴリー登録されています。