おまとめローン&低金利ローンを探そう!

CONTENTS

おまとめローン

低金利ローン・銀行系ローン

審査が気になる方にお勧め

来店不要!

ビジネスローン

パート・バイトでも借りれる

スピーディな審査

お試し審査あり

大手消費者金融から選ぶ

土日祝日 即日融資可能!


キャッシングの基礎知識



おまとめローンの知識



サイト情報


キャッシング用語集〜「金利」

貸出金利/貸付金利
金銭消費貸借契約における利息の発生割合のこと。金利水準を示す方法には、日歩表示、アドオン表示、利息天引きなどさまざまな方法があるが、わが国の法律では実質年率(利)を用いることが義務づけられている。


金利
物やお金(通貨)の貸し借り(これを信用といいます)のとき、元本以外に加算される部分を一般に利子という。この利子をお金で支払い受け取ることが一般。 金利 とは、お金(通貨)の形で支払い・又は受け取る利子のことをいう。 この代表的な 金利 の例が銀行預金。銀行(信用できる機関)に預金して、利息を受け取る事である。この利息は銀行に預金した金額 ( 元本 ) 、預金した機関と利率によって決まる。この利息が利子、利率が 金利 である。  金利 は元本又は元金に対する金利の額の比率、つまり利子率又は利率として表現されることが多いため、この利子率・利率を " 金利 " と表現している。

金利 には、規制 金利 と自由 金利 がある。規制 金利 とは、金融当局によってその値動きが規制されている 金利 。代表例として公定歩合がある。公定歩合は、日本銀行が市中銀行に対して貸し出すときに適用する 金利 である。自由 金利 とは、値動きに制約がなく、自由に決定される 金利 である。その取引形態によって相対型と市場型に分類できる。相対型 金利 とは、市場を経由せずに当事者間で直接決定される 金利 のことをさす。市場型 金利 とは、その資金が取引されている市場があり、そこで決定される 金利 をさす。


貸金業者
預金を受け入れず、融資(金銭の貸付または金銭の貸付の媒介)を業として行うもの。この中には、個人金融を中心とした消費者金融、クレジットカード会社や、企業金融を中心とした事業者向け金融、リース会社等多くの業態が含まれる。貸金業規制法では、貸金業者を「金銭の貸付け又は金銭の貸借の媒介(手形の割引、売渡担保その他これらに類する方法によってする金銭の交付又は当該方法によってする金銭の授受の媒介を含む)を業として行うものを言う」と規定している。ただし、1.国または地方公共団体が行うもの、2.貸付けを業として行うにつき、他の法律に特別の規定のある者(例えば「銀行」など)が行うもの、3.物品の売買、運送、保管又は売買の媒介を業とする者がその取引に付随して行うもの、4.事業者がその従業者に対して行うもの、などは例外としている。


上限金利
法律で定められている金利水準の上限。わが国では、民法の特別法である利息制限法では、上限金利を、融資金額 100 万円以上は年 15 %、 10 万円以上 100 万円未満は年 18 %、 10 万円未満は年 20 %と定めている。刑事罰の対象となる出資法では、昭和 58 年 11 月1日から満3年は年 73.0 %、昭和 61 年 11 月1日から「別途法律で定める日」までは年 54.75 %、昭和 58 年 11 月1日から起算して5年を経過した日以降は年 40.004 %(昭和 63 年 11 月1日から実施)と定められていたが、 1999 (平成 11 )年 12 月に見直しがなされ、 2000 年6月1日からは年 29.2 %以下に改正された。


実質金利
一ヶ月分の金利率=実質年率 ÷ 12ケ月として、返済予定計算などでは、この一ヶ月単位での実質月利を使用する。経過金利などの計算の場合では、前回元金残高に対して経過日数での日割り計算を行う。

キャッシング用語集


姉妹サイトのご紹介




当サイトはYAHOO!JAPANに
カテゴリー登録されています。